HOME  >  Blog  >  いい話

Blog/ブログ

ショッピングとお支払い方法につきましてはこちら

いい話

Author : 店長

Category : ちょっといい話

Tags : タグ:

ramp.psd

< とある大学であった、ちょっといい話 >


073.JPG142.JPG178.JPG

《ある大学でこんな授業があった!》

『クイズの時間だ!』教授はそう言って大きなツボを取り出し、教壇に置いた。

そのツボに彼は一つ一つ石を詰めた。

ツボが一杯になるまで石を詰めて彼は学生に聞いた。

『このツボは満杯か?』教室内の学生が『はい!』と答えた。

『本当に?』と言いながら教授は教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。

そして、砂利をツボの中に流し込み、ツボを揺らしながら、石と石の間を砂利で埋めてゆく。

そうしてもう一度聞いた。

『このツボは満杯か?』学生達は答えられない。

そして、ひとりの学生が『多分違うだろう。』と答えた。

教授は『そうだ♪』と笑い、今度は教壇の下から砂の入ったバケツを取り出し、それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

『このツボはこれで一杯になったのか?』学生達は声をそろえて『いいえ!』と答えた。

教授は水差しを取り出し、ツボのふちまでなみなみと水を注いだ。

教授は『僕が何を言いたいのかわかるだろう?』ひとりの学生が手を上げた。

『どんなにスケジュールが忙しい時でも、最大限の努力をすれば、いつも予定を詰め込むことが可能と言うことです!』

教授は『それは違う。』

『重要なポイントはそこにはないんだよ。この例えが私たちに示してくれる真実は、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地はそのあと二度とないということだ。』

『私たちの人生にとって、大きな石とはなんだろうか?』

『それはビジネスであったり、志であったり、愛する人であったり、家族であったり、自分の夢であったり。ここで言う大きな石とは君たちにとって一番大切なものだ!それを最初にツボの中に入れなさい。

さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる!

もし君たちが小さな砂利、砂、つまり自分にとって重要度の低いものから自分のツボを満たしたならば、君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。』

『そして大きな石、つまり自分にとって一番大切なものにさく時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう!』

あなたにとっての大きな石って何ですか?            <引用>

Septimo ELM
Tel/Fax:053-489-4800
E-Mail:

 ← 参加中です! "One Click!" お願いします♪

2 comments

  1. precious 橋本   :   12月 22nd, 2007 at 10:12 PM

    良い話ですね~
    私にとって大きな石は、やはり『家族』かな~(*^ – ^*)ゞ

  2. admin   :   12月 23rd, 2007 at 12:52 PM

    そうですよね。
    絆か薄れつつあると言われる現代ですが、
    ”家族” 大切ですよね!

Add Comment




Comment

Shop Info.

詳細

Septimo ELM
営業時間:11:00~20:00(水曜定休)
住所:浜松市中区佐鳴台3丁目54-41
TEL / FAX:053-489-4800
E-Mail

Author Profile

店長

常に皆さんに喜んでもらえる商品をセレクトし、ご紹介していきたいです。

Chisato

お客様と一緒にオシャレとおしゃべりを楽しみながらお似合いのお洋服を探します♪

Archives

Calendar

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Twitter

Search in this Blog

過去の記事が見つからないときは
キーワードからの検索が便利!

Flickr Photo Album

店長の趣味、Nikon一眼レフカメラで切り取る日々の写真。

Recommend Contents

Pick up Fashion!

当店がオススメする商品を季節ごとに紹介します。お取り寄せ

| HOME | NEWS | メッセージ | ショップインフォメーション | リンク | モバイルサイト |
| お取り寄せ! | Pick Up FASHION | ブログ |